瀬戸多言語共生プロジェクト

  瀬戸フィールドワーク+多言語ポスター作成+ブラジル人学校訪問・交流 

瀬戸を彩る「ふるい文化・あたらしい文化 」を多言語で発信する試み。瀬戸市の海外にルーツをもつ人々と交流しながら多言語多文化共生社会のあり方を模索し、互いに「伝え合うこと」の大切さを学びます。ゼミ生は、瀬戸市にあるブラジル人学校「エスコーラ・パウロ・フレイレ」のみなさんとの交流のなかで、ポルトガル語のサポートを受けながら瀬戸のまちを紹介する多言語併記ポスターを完成させました。 日本語、ポルトガル語、英語のほかにスペイン語やタガログ語のポスターもあります。ポスターは市内の諸施設に展示させていただきます(展示場所の詳細はのちほどお知らせします)。

 瀬戸多言語共生プロジェクト

ゼミ生がフィールドワークとブラジル人学校交流会を経て作成したポスターです。画像をクリックすると拡大します。