瀬戸窯元職人ことばプロジェクト

4年ゼミ生たちが、瀬戸赤津の窯元「喜多窯 霞仙」にて陶芸を体験するとともに、第12代当主加藤裕重先生より1300年の歴史をもつ瀬戸の焼き物文化について学び、集めた職人ことばを文化語彙集としてまとめるプロジェクトです。ゼミ生一人ひとりが霞仙さんで見つけたことばを語彙カードに記録し、写真と語釈を加えました。2021年度は初めての試みでしたが、これから毎年追加更新していきます。

瀬戸窯元文化語彙集

金城学院大学言語文化学ゼミ

いろみ
焼き物を焼く際に、窯の小窓に入れて焼き具合を見る。温度計がない時代にもいろみを用いて温度を調節できた。非常に小さいものではあるが、焼く工程に欠かすことの出来ないその存在感はとても大きい。(H.M) 

うわぐすり・ゆうやく【釉薬】
長石や灰、鉄分などを水に懸濁させた液体で、粘土を成形した器の表面にかける薬品。陶器の表面を覆っているガラス質の部分でさまざまな色がある。釉薬をかけることで作品の色が変わり、雰囲気の異なる作品ができる。(太田) 

えごて【柄ゴテ】
器の内面に押しあてて形をつくる道具で、製品の形によってさまざまなものがある。手の入らない首の細長い容器には、柄の長いコテを使う。先にくびれをつけてあり、細い口からも出し入れしやすいように工夫されている。製品に合わせて職人さんが手作りする。(今井) 

おりべゆう【織部釉】 
酸化焼成することで緑色になる釉薬の一種。灰釉をベースに呈色剤として酸化銅を3-5%加えたものを指す。織部釉を使用した焼き物は美濃焼、京焼、清水焼、赤津焼などがある。焼けたばかりのときはうっすらとくもった色をしているが、栃渋(栃のかさを煮出した灰汁)に一昼夜漬けた後に水洗いし、二日間天日干しし布でこすると鈍い色の膜が取れて美しい緑色になる。(市川) 

かまくそ【カマクソ】
石炭窯など焼成後に残る石炭の燃えたカス。大きなものから破片ような小さなサイズまですべてを含む。「くそ」という言葉を使うところが瀬戸らしい。(落合)

かんにゅう【貫入】
陶器を水に浸した際に表面に現れる亀裂のような模様。陶器が焼かれた後の冷えていく過程で、陶器本体の素地と釉薬の収縮度の違いにより釉薬がヒビのような状態になって固まる現象である。あえてこの工程を経ることで古く趣のある器に見える。(今井) 

かんぶろ【カンブロ】
ロクロの横に置いてある温水の入った手桶。冬場に作業中の手を温めるために使う。材質は木材が一般的だがプラスチックの容器でも代用が可能。中には金属製の小さな煙突がついているものもあり、そこに炭を入れておくことで保温性を持続させられる。(内村) 

きくねり【菊練り】
粘土から空気を抜き硬さを整える作業。菊の花のような形になる。菊練りの修行はとても長く、職人の間で「菊練り3年ろくろ10年」ということばがあるくらい、難しく重要な作業。昔は弟子が菊練りを練習しながら、師匠の技を盗み見ることがよくあったそうだ。(古川) 

しっぴき【シッピキ】
ろくろ成形の終わったものをろくろから切り離すために用いる。細い糸であるのに、大きいな茶碗などを作る時もちゃんと切れていてとても驚いた。糸で粘土を切るので高い技術の必要な作業であると感じた。(太田) 

せゆう【施釉】
焼き物に釉薬をかけること。釉薬はうわぐすりという意味があり、焼き物に釉薬を施すことで色艶、光沢などの味わいを出す。水漏れや汚れを防ぎ、硬度を強める効果もある。愛知県瀬戸市の赤津町で作られる赤津焼では、灰釉(かいゆう)・鉄釉(てつゆう)・織部(おりべ)・黄瀬戸(きぜと)・志野(しの)・御深井(おふけ)・古瀬戸(こぜと)という成分の異なった七つの釉薬を使い分けることで魅力的な色合いを作っている。(市川) 

たいかれんが【耐火煉瓦】
窯の出入口を塞ぐために使われる。普通のレンガは粘土や泥を主原料として作られている。一方耐火煉瓦は耐熱温度に対応する成分が含まれている原料が使われている。窯の中は温度が1000度以上あり、熱が集中している。そのため、普通のレンガではなく耐火煉瓦が使われている。※写真は瀬戸蔵ミュージアムにて(森)

たたら【タタラ】
ワイヤーで薄く平たくスライスした粘土。この成形法を「タタラづくり」という。浅い皿や、カップの側面を成形するために使う。刀鍛冶の用語に日本古来の「たたら製鉄」があるが、焼き物用語との関連は不明。語源も不明。切断面にムラがなく美しい。(橘) 

たたらじょうぎ【タタラ定規】
タタラ(押し伸ばして板状に切った粘土)を作る際に、均等の厚さにするために用いる道具。文房具の定規と同じ役割を果たす。ろくろでは作れないような角型や不定形の製品を作るのに適している。(水野) 

たないた【棚板】
窯の中で焼く際に使用する板。窯の中で複数の焼き物を積み木のように積む際に使用し、ツクとともに使用する。別名エブタとも呼ばれる。(川崎) 

つく【ツク】
窯の中で焼く際に使用する支柱。窯の中で複数の焼き物を積み木のように積む際に使用し、タナイタとともに使用する。L字のようなものがあった。(川崎) 

てつゆう【鉄釉】
  表面を黒く頑丈に仕上げるための釉を用いて作られた陶磁器を指す。釉に含まれる鉄分により黒くなる。金属感のあるシンプルな作りをしており、高級感がある。和食は勿論のこと、洋食など様々な料理にも合わせやすい、一つ買ったら重宝するお財布に優しい器だ。(古川) 

とーすかん【トースカン】
作品の高さを図り、希望の高さに線を引いたり印をつけたりするもの。同じ作品をいくつか作る際に重宝する。(内村) 

とちしぶ【栃渋】
どんぐりの笠が入った水。これに焼き物を漬け込むことを「渋につける」という。渋につけることによって、使い込んだ感を出す。新品の良さとはまた違った、味のある品物へと変化していくのがおもろい。(H.M) 

とんぼ【トンボ】
ろくろ成形の際に、器の深さや直径を測るために用いる道具。竹で簡易的にできている。同じ大きさの作品をたくさん作る際に便利である。幼少期に私達が遊んでいた竹とんぼと見た目がほぼ同じである。(水野) 

ふくろもの【袋物】
ポットなど内部が空洞(袋状)になった状態の焼き物の製品。対比する言葉として「動力物」(ロクロ成形でつくられた皿・鉢類)という言葉がある。口が細いものが多く、ツボのような形状をしている。(落合) 

ゆうはがしき【釉はがし機】
作品に釉薬を付けたときに、不用になる釉薬が発生する。これはその釉薬をはがすための機械。一般的に、棚板に接する部分には釉薬を付けないが、接する部分に釉薬を付けてしまったときに使う。釉薬を剝がさないと、作品を焼いた後に棚板に作品が付着してしまう。※写真は瀬戸蔵ミュージアムより (森)